イメージ

FP資格は2種類ある?

国家資格と民間資格が存在します

ファイナンシャルプランナー(FP)に興味を持たれた方が、最初にぶつかる疑問がこの資格制度。実は日本には2種類のFP資格が存在し、その取得システムも、何故か実に複雑怪奇なものなのです。

☆国家資格:FP技能士資格☆
ひとつめが、2002年4月に職業能力開発促進法に基づき国家資格化された、厚労省が認定し(社)金融財政事情研究会(金財)が運営する「FP技能士」資格。これには、1、2、3級があり、2級受検には3級合格者か2年以上の実務経験、もしくはAFP認定研修の終了者。そして、1級には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、もしくは5年以上の実務経験がある者と規程されています。また、FP技能士資格は生涯有効で更新の必要はありません。

☆民間資格:AFP&CFP☆
もう一方が、日本ファイナンシャルプランナーズ協会(以下、日本FP協会)が認定・運営する民間資格の「AFP(アフィリエイテッドFP)」と「CFP(サーティファイドFP)」。AFPは俗に〝普通資格〟とされ、現在国内に約14万人が存在。世界23ヶ国・地域で認められ世界水準のサービスを提供できる〝国際資格〟のCFPは、国内ではまだ16000人強ほどしか存在しないプロフェッショナルな資格です。なお、CFPになる(受検する)ためにはAFP資格所有者等条件があり、また、AFP、CFP共に日本FP協会への入会と2年毎の講習・更新が必要となります(各種費用も必要)。

国家、民間の両資格を一挙に取得できる!

では、将来的にファイナンシャルプランナー(FP)として活動する場合、どちらの資格を取得するべきか迷われることでしょう。迷うことはありません。両方取得してしまえば良いのです! 

とはいえ、別々に取得する必要はありませんのでご安心を。実は、2級FP技能士資格試験はAFP資格試験を兼ねているため、2級FP技能士試験に合格すれば、自動的にAFPの資格を取得できてしまうのです!!!

が、しかし、そのためには、ひとつ条件があります。AFP自動取得の条件として、ある研修を受講する必要があるのです。次ページで詳しく紹介します。

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.