イメージ

過去問題集は、そんなに大事? 

FP試験の過去問題集はおろそかにしないこと!

FPの受験が成功するか、失敗に帰すか。その点を大きく揺るがすのが過去問題集でしょう。これは、FPの受験者、合格者なら口をそろえて認める事実です! 

☆過去問題集は、受験必勝へのヒントが潜むお宝である! ☆
過去問題集は、2~3回分目を通すと徐々に「あれ? これは~」なんて思い当たることがどんどん飛び出します
まったく同じ問題が出ることはないですが、「似たような問題が出てた」「この部分は、よく問題に使われるらしい」といった発見をする機会は、とんでもなく多いのです。
そのような発見が増えれば増えるほど、受験必勝を手中に収めることができるのです。

☆過去問題集を繰り返し繰り返し~、が予行演習につながる☆
FPの勉強はテキストだけでは到底成り立たないでしょう。それはなぜか? 答えは、知識を丸暗記したところで、実戦の役には立たないからです。「実戦」とは、つまり試験問題のことです。知識を本当に全部余すところなく暗記できたとしても、過去問題集を全然解いていないのでは、おそらく問題を読むだけで長時間がかかってしまうでしょう。
問題を解く時間が足りないと、試験当日に絶対に泣きを見ます

☆過去問題集とテキストを往復しているうちに、わからなかったことがわかるようになる☆
これも大きなポイントです。テキストに書いてあることがわからないのは、実は恥ずかしいことではありません。わからないのがテキストのせいだともいえません。
最初のうちは、誰だって理解できないことがあっても普通のこと。しかしテキストと問題集を何回も往復していると、やがて知識の断片がくっついていきます。それをひたすら繰り返すことが、体系的な理解に必要なのです。

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.