イメージ

DVDとCD、どちらがいい? 

どちらも大事ですが機能性を考慮して選びましょう! 

FPの講義メディアは、年々変化しているようです。業者が日本各地に登場している時代ですから、それは当然のことでしょう。

しかし、FPの講義メディアとして望ましいのは未だに「CD」と「DVD」のような2タイプではないでしょうか。それ以外のタイプも、当然成果はあるはずですが、この場ではあえてCDかDVDを推奨したいです。

☆CD☆
CDを再生すると、講師がFPの講義を説明してくれます。これはテキストや問題集に沿った内容ですから、相乗的な効果が期待できます。

☆DVD☆
DVDを再生すると、講師がFPの講義をしているシーンを視聴できます。これまた、テキストや問題集に沿った内容です。

☆DVDだけでじゅうぶん? それともCDもあったほうがいい? ☆
どちらかを選ばないといけない理由があるなら、当然DVDを選んだほうがよいでしょう。
しかしCDもあったほうがいいです。なぜならば、DVDを再生できない環境だってあるからです。たとえば、通勤中の電車の中で勉強したいと思ったときは、CDなら使える可能性があります。プレイヤーとイヤホンがあれば、電車の中でも再生できるからです。

また、家事をしながらCDを再生するだけでも、収穫がそこそこ出ることはあるようです(これは、体験談があります)。もちろん、家事をしながらではあまり頭に残りませんが、テキストや問題集を真剣にやっていれば(それぞれを、数周したあとなら)、なんとなく頭に残ることがあるのだとか。

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.