イメージ

AFP資格取得の条件とは?

「AFP認定研修」を受講することです

前ページで、2FP技能士試験に合格しAFP資格が付帯される条件として、「ある研修の受講が必要」と述べました。それが、「AFP認定研修」です。
この研修は日本FP協会が運営するものであり、この研修の受講・修了と2級FP技能士試験に合格することで、AFP資格を同時に取得できるのです。

《AFP認定研修の学習課目》
①FP基礎
②金融資産運用設計
③不動産運用設計
④ライフプランニング・リタイアメントプランニング
⑤リスクと保険
⑥タックスプランニング
⑦相続事業承継設計

《AFP認定研修の修了条件》
上記7科目を計68単位以上履修し、なおかつ〝研修卒論〟的な「(資産設計)提案書」を作成し日本FP協会へ提出。その内容が協会より60点以上と採点された場合に修了となります。

AFP認定研修は、独学では受講できない!

さて、このAFP認定研修は、本を購入し独学で勉強すれば取得できるものではありません。日本FP協会が認定する資格学校及び通信学校が提供する指定の講座を受講する必要があるのです。

つまり、独学でFP技能士試験には挑戦(合格)できるものの、AFP資格は指定講座を受講しない限り取得できないということ。もちろん、私がお薦めするFP技能士とAFPの一挙取得もAFP認定研修講座を受講する必要があるということです。

なお、一般的に身近な資格はFP技能士よりも以前から制度化されていたAFPと認識されています。将来、ファイナンシャルプランナー(FP)として活躍するためにAFP認定研修の受講は必須といえるでしょう。

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.