イメージ

やる気を出す方法はある?

目標とご褒美、脳への刺激が効果的です

200~300時間を要する2級FP技能士試験の学習で一番の大敵は「やる気が起きない」ということ。つまり、モチベーションの低下です。1日だけならまだしも、2、3日と続けばそのままズルズルと勉強から遠ざかり、ついには試験勉強から完全撤退してしまうという人も多いのではないでしょうか。

かくゆう私も、好きで始めた趣味であれ1週間も続ければすぐさま飽きてしまう典型的な3日坊主体質。しかし、そんな私がフォーサイトに限って半年間の勉強を続けることが出来たのは何故か。それは、学習ノウハウと共にやる気を出す魔法の方法があったからに他なりません。ここでは、またまたフォーサイトが提唱する、やる気向上ノウハウを少しだけ公開しましょう!

《フォーサイト秘伝!やる気向上ノウハウ》

①出来るだけ具体的な目標を設定する↑
漠然と「FPになりたい!」というだけなく、なぜ、FPになりたいのかを考えましょう。「FPになって多くの家庭を幸せにしたい!」など、より具体的な目標を持つことで目的意識が芽生え、それがやる気を出させます。
②〝自分にご褒美!〟でステップアップ↑
例えば、「この単元を終えた週末にはデートが出来る」や「過去問で合格点が取れたら飲みに行く」など、ステップ毎にご褒美を設ければ、小さな達成感が芽生え、それをいくつも積み重ねることでゴールへの距離が縮まり、いつしかやる気が起こってきます。
③無理矢理テキストを開いてみる↑
さる脳科学の権威曰く「〝やる気〟は、脳の側坐核という場所で作られ、それが機能するためには刺激と時間が必要」としています。つまり、やる気が起きない時も、無理矢理机に向かい勉強を始めればいつしかやる気に集中力もできてくるというもの。この作用を「作業興奮」といい、心理学に裏付けのあるやる気アップ術なのです。
④周囲に「FPになる!」と宣言する↑
周囲に宣言することで、引っ込みが付かなくなり自ら合格せざるを得ない状況に追い込むということ。「背水の陣」に身を置くことで、強制定期にやる気を起こさせる、見栄っ張りな方に効果的な方法です。

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.