イメージ

結局、FPって儲かる職業?

やり方次第では年収1千万も!

最後に、ファイナンシャルプランナー(FP)の年収についてお話しましょう。みなさんもご存じのとおり、ファイナンシャルプランナー(FP)には、証券会社や生損保会社などの金融系企業に所属する「企業系FP」と、企業に所属せずフリーランスで活動する「独立系FP」の2通りに大別されます。

《企業系FPの年収》
現在、日本で活躍するFPの9割りが企業に所属する企業系FPです。というのも、金融商品を販売する企業にとって、ファイナンシャルプランナー(FP)は、持っていて当たり前の資格。逆に言えば、そうした企業へ転職を狙うならFP資格が必須となるということです。

しかし、持っていて当たり前の資格であるため、直接年収には影響することは皆無といえるでしょう。すなわち、企業系FPの年収は、その業界及びび企業の年齢的な平均年収と同様ということ。とはいえ、インセンティブにより収入が上下する雇用形態ならば話は別。その会社の商品を販売すればするだけ年収も比例して向上することでしょう。

《独立系FPの年収》
本来、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事とは、顧客のライフプランを実現するための提案であり、得るべきはクライアントからの相談料。金融商品は、ライフプラン実現のためのいち要素でしかありません。
しかし、日本では欧米のように家計をファイナンシャルプランナー(FP)に相談する土壌がありません。多くの独立系FPも企業系FP同様に金融商品を販売し仲介料を報酬としています。しかし、企業に属さない独立系だからこそ、多数の会社と販売代理店契約を結ぶことが可能であり、それは同時に、複数社の商品を顧客に提案できるという強みも存在します。

独立系FPの方の一部には、多くの企業と代理店契約を結び各種商品を販売することで多大な仲介料を手にしている方も。なかには年収が軽く1千万円を超える方もいらっしゃいます。また、日本でも「貯蓄から投資へ」という潮流がより本格化すれば、ファイナンシャルプランナー(FP)本来の収入源である顧客からの相談料で生計を立てることも十分に可能になることでしょう。経済がグローバル化した昨今、日本も欧米型の資産運用スタイルが本流になる時代も遠くありません。そう、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得するには、いまが絶好のタイミングなのです!

次のページへ >>


(C) ファイナルプランナー(FP)試験リアルな難易度 All Right Reserved.